スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by かぼ吉くん  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

☆飲み会☆

どもども、かーりーです。普段の部会報告みたいにつまらなくならないように記事作りがんばるよう(><)○


10月16日に飲み会があったんですよ~

行ったお店は津田沼にあるなべや。ここ、内装がすごいかったんですよ~。とっても雰囲気がいいお店で
鯉が泳いでたり
P1030856.jpg

笹がライトアップされていたり
P1030859.jpg


そんなお店で、しゃぶしゃぶ、焼肉、飲み放題
いやぁ楽しい時間でした

そんな飲み会の1コマを激写
P1030864.jpg
P1030866.jpg

皆さんお酒が回ってテンション高くなっちゃって。おもしろい話とか爆弾発言(!)とかもあったり。(実は僕が一番お酒で変になってたことは秘密です)
とっても楽しかったんですよ。

これからも一緒に頑張っていく1年生たちと話せて、もう少しで引退してしまう先輩方ともお話できて。あっという間の2時間でした。


飲み会の後は行く人を集めてカラオケへ
P1030870.jpg
お酒のせいで普段音痴なかーりーがさらにひどくなっていたとかなんとか。
だってみんなが上手すぎるんだよ~(泣


最後に、こんな楽しい飲み会を企画してくれたアサゲに感謝です。
これからもこんな楽しい機会があることを期待します
スポンサーサイト
by かぼ吉くん  at 23:00 |  イベント報告 |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑

船橋市北部清掃工場見学

9月18日に船橋市の北部清掃工場へ見学をしに行ってきました。船橋市では環境に優しい清掃工場を目指しているのでそのことについて説明を受け、また工場内を見学しました。


参加者は
・大和昴平
・神保友香
・高田竜
・谷茉沙子
・西村哲
・苅谷宏幸


環境に優しい清掃工場についてはISO14001についての話を主に船橋市におけるゴミ処理などについて説明を受けました。
・ISO14001について
船橋市ではISO14001を北部清掃工場と南部清掃工場両方ででとってある。ISO14001規格に基づきシステムを構築し認証を取得したことは、清掃工場自らが環境配慮へ自主的・積極的に取り組んでいるとこを示す有効な手段となっている。
具体的には、組織の最高経営層である環境部長が経営方針を立て、その実現のために計画(Plan)をし、それを実施及び運用(Do)し、その結果を点検及び是正(check)し、不都合があったらそれを見直し(Action)、再度計画を立てるシステム(PDCA)サイクルを構築し、このシステムを継続的に実施している。

・船橋市のゴミの量について
船橋市のゴミの量は年々減少している。これは事業系のゴミが減少した影響が大きい。一般家庭から出るごみの量はあまり変わっていないが人口が増加しているので1人当たりのゴミの排出量は減少している。
また、現在の1人あたりのゴミ排出量は約1kg/人・日である。

・船橋市のゴミ処理の場所
北部清掃工場と南部清掃工場の2ヶ所でゴミ処理をしている。

・船橋市のゴミの最終処分場
船橋市には最終処分場が無いので他市へ委託している。現在は秋田県大館市に委託している。

・どのようなリサイクルをしているか?
自転車・・・粗大ゴミや不法投棄されたものを修理して海外(東南アジア)や市内で販売している。需要との関係で海外へ販売する個数のほうが多い。
まだつかえるタンス・・・きれいに直して市内へ。

・生ゴミを回収してたい肥化しないのか?
需要が無いので行っていない。

・なぜ船橋市は分別が少ないのか?
1.プラスチックについては、分別してしまうとゴミの持っている熱量が低くなってしまい、炉で十分に燃やすことができなくなってしまう。
実際、東京都ではプラスチックの分類をさかんに進めていたが、この弊害のためゴミとプラスチックを一緒に燃やしてしまおうという動きがある。
2.一般家庭から出たものをゴミの種類ごとに完全に分別するのは不可能である。
これらのことから、分別が少ない。

ただ、ペットボトル類については現在分別をしようという計画がある。


これらのことを説明していただきました。
応接室にてこれら説明を受けた後は工場内を見学しました。
P1030815.jpg
↑工場内で説明を受けている様子↑



今回の見学ではゴミ処理における様々なことを知ることができました。
普段、あまり意識していない行政側の努力。
私たちの生活に直接かかわってくる部分。
分別における利益と弊害。
などなど

今回の見学では私たちとゴミとの関係を考えるいいきっかけになったのではないかと思います。
by かぼ吉くん  at 03:26 |  イベント報告 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

☆夏合宿☆

TECの合宿で新潟に行ってきました。今回で合宿は通算2回目。
ラフティングを体験したり、川で泳いだり。他にもたくさん遊んだりとても楽しい合宿でした。


合宿のメンバーは
・金丸尚樹
・紺野隼
・高橋美紀
・谷茉沙子
・中村匡孝
・西村哲
・大友繁樹
・苅谷宏幸
・斎藤諭佳
・山口航平
・江口暢次朗
・高橋宥子
・田中梨沙子

(学籍番号順だよ~♪)


~1日目~

朝の7時半に池袋駅に集合でした。集合時間にはほどんどの人が集まっていて5分後には全員集まっていました
途中サービスエリアでの休憩を挟みつつ、降りるバス停の湯沢ICまで3時間の道程。
しゃべったり
寝たり
ゲームをしたりしていたらホントあっという間でした。

湯沢ICまではペンションの方が迎えにきてくれるみたいなのでしばらく待機
↓その中のひととき↓
夏合宿1
この浮き輪、空気を入れる場所が2ヶ所別々にあるので、いっぺんに入れようとするとこんな絵になります

↓そうこうしているうちにペンションのバスが到着↓
夏合宿2
皆さん乗り込んでペンションへ向かいます。どうやら今回の場所は近くにコンビニなどがないので途中で買い出し

ペンションについてからは部屋に荷物を置いて、少し休憩して、水着に着替えてそして・・・


川へGO!


↓川に到着↓
夏合宿4
とってもきれいなんです。水が透き通っていて魚も泳いでいるんですよ
水は冷ためでしたが、中に入ってしまえばすぐ慣れてしまう温度でした。あとで地元のおじさんに教えてもらったのですが10分川の中に入ったら10分休んだほうがいい温度とのこと

ではでは川でとった写真を何枚か載せますね~

↓哲さん↓
夏合宿6
か、かっこいい///

↓中村さんと江口くん山口くん↓
夏合宿7
いい笑顔

↓金丸さんと美紀さん↓
夏合宿8
水中からピースとは。先輩やりますな

↓田中さんと紺野さん↓
夏合宿38
かわいい

↓ピザーラ浮輪と高橋さん田中さん↓
夏合宿39
話題の赤い浮輪。

滝なんかもあって
↓とってもうたれてます↓
夏合宿3
これはいい滝

ここは天然の飛び込み台
↓飛び込む紺野さん↓
夏合宿5
足がすくんでほんの少ししか前に飛べないと背中を磨ってしまう鬼畜仕様 素敵な飛び込み台です。
5mはあるでしょうか

童心に帰って競争したり飛び込んだりetc...
とっても楽しい時間でした。

↓最後に皆さんで記念写真↓
夏合宿9
うーん。いい感じ


ペンションに帰ってきてからは部屋ごとに別行動。ペンションの周りを散策したり、部屋で休憩したり。
そんな中、かーりーの部屋では麻雀をやっていました。去年の冬合宿で飛ばされたので今度こそはと思ったのですが、結局800点で負けました。麻雀が分からない人に説明するならば酷い成績ってとこですね。来年こそは・・・


その後は夕飯
これがまたおいしくておいしくて。新潟って本当にお米が美味しいんだと実感しました。それにお米以外のおかずもとっても美味しくて。とても幸せな気持ちになりました


夕飯を食べて一段楽したら肝試し。
知らなかったのですがなんと、事前に脅かす道具を用意している人たちがいまして。準備周到なもんです。
驚かされる側は3つグループを作り、グループごとに行って帰ってきたら次のグループが行くという形。
驚かす側もなかなか考えていましたし、かなり悲鳴を上げている人もいておもしろかったです
途中で茉沙子さんを勝手においてきた設定の悪役をやることになったのですが、完全にばればれ。どうすれば、もっと怖がらせてやれたか 楽しい肝試しにできたか心残りですね。


そして1日目最後はお酒を飲みつつ、罰ゲームありのUNO大会。罰ゲームと言っても平和なものでした。いやぁこんなTECが大好きです



~2日目~


この日はこの合宿メインのラフティング。
ペンションから車で1時間ほど走った場所には信濃川。そうです。ここで川くだりをしたのです。
残念ながら防水のデジカメが無かったので写真はありません

水着に着替えて、ライフジャケットを着てヘルメットをかぶって準備はOK。
最初に川で身体を水温に慣らして、準備運動をして、パドル(こぐ道具)のこぎ方をならって、ボートから落ちたときの体勢を覚えて、いざゴムボートで出陣!

ガイドさんの「右、前漕ぎ!」や「両方後ろ漕ぎ!」とかの指示に従って漕いでで行きます。流れが速いところなんかは思いっきり前漕ぎをして、危なくなったらボートにしゃがんで、ロープにしがみつくなんてするのでホントどきどきがとまりませんでした
てか、今回の一番流れが速くなっているところがあって本当に落ちそうでした

逆に流れが緩やかで水深の低いところでは落とされたり
途中ではゴムボートを使って飛び込み台や滑り台にして遊んだり。

ホント充実しました。てかめっちゃ楽しー
またやりたい

ラフティングが終わったあとはいい感じで疲れていたのですが、温泉にも入れて

どんなかんじかイメージしたい人は
http://www.mizu1993.jp/index.html
のページのフォトアルバムの09.8.28信濃川ラフトの写真見てください。
今回の一番流れの急だった場所に似ています。


そうそう。ラフティングのときに興味深い話を聞きました。
昔、絶滅危惧種として鳥のカワウが保護されていました。しかし今では数が増えすぎてしまって、カワウの大量の糞などによって植物が枯れてしまうという事態が発生してしまい、逆に駆除をしているという有様。
考えさせられますね。



帰ってきて夕食を食べた後は花火をしまして
↓点火
夏合宿15

↓花火から花火へ↓
夏合宿10

↓きれいな火花が飛びます↓
夏合宿37

↓けむりもくもく↓
夏合宿40


↓噴出し花火
夏合宿14

↓色々試したくなる年頃です↓
夏合宿13

↓色々試したくなる年頃です②↓
夏合宿11

↓最後は線香花火で締めっしょ↓
夏合宿12
誰が最後まで残るか競争です。

花火が終わったらちゃんとゴミが落ちていないか確認して終わりです。
いや~夏ですねぇ


その後は飲みです。飲み
↓雑談したり↓
夏合宿16

↓ボードゲームをしたり↓
夏合宿17

etc...

このときは神がかってて、大富豪をやったときにすごく運が良かった
大富豪3回、富豪2回、平民1回。貧民大貧民0回という結果でした。
こんなふうになるとひれ伏せ下民どもなんて思えるので気分いいですよね。
富豪気分を楽しんでいました。
この日は結構遅くまで起きてる人が多かったです



~3日目~


この日は最終日。お昼を食べてから大源太キャニオン、アルプの里に向けて出発です。
↓ペンション前にて記念写真↓
夏合宿18
この3日間は本当にお世話になりました。15人以上いなければ貸切にできないところを13人で貸切にしていただいたり、送り迎えや移動でバスを運転していただいたり、花火のときにバケツなどを準備していただいたり、とても美味しい食事をだしていただいたり。
この場をかりてお礼を言いたいです。本当にありがとうございました。


ペンションから出て最初に行ったのは大源太キャニオン。
↓風景がきれいです↓
夏合宿19

↓つり橋がありました↓
夏合宿20
意外にゆれるんですよ

↓橋の名前は「希望大橋」↓
夏合宿21
誰がなんといおうと希望大橋です

↓橋の上で記念写真↓
夏合宿22

↓今度は湖バックに記念写真↓
夏合宿23


大源太キャニオンにはあまり長い時間いないで次のアルプの里へ移動。ここは山の上にある観光地。
越後湯沢駅から徒歩10分のところにあるロープウェーにのって到着です。

↓ロープウェーから降りてすぐのところにこんなものが↓
夏合宿24
2人が鳴らしたときに周りの少し静まった気がしました

ここでは自由行動だったので、いくつかのグループに分かれました。ボブスレーをやりにいった人たちや高山植物を見に行った人たち、アイスを食べに行った人たちなどなど。
ではではここでの写真を貼っていきま~す

↓自然を堪能できるコース↓
夏合宿25

↓山口くんお気に入りの駒草↓
夏合宿29

↓ヤギがいました↓
夏合宿26

↓ウサギも↓
夏合宿36

↓こういうの見ると上りたくなる↓
夏合宿27

↓いい笑顔↓
夏合宿28

↓雨が降ってきてして雨宿りしていると↓
夏合宿30

↓野生のサル発見↓
夏合宿31

↓リフトに乗ってる雪だるま↓
夏合宿37

↓花と紺野さん↓
夏合宿34

↓これは撮らなければ↓
夏合宿32

↓結構大変みたいです↓
夏合宿33

↓帰りのロープウェーから↓
夏合宿35

アルプの里も楽しかったです。高原っていいなぁ


ロープウェーを降りたらお土産をかって
高速バスのバス停まで行って
後は、池袋へ帰っていくのみ

帰りのバスは皆さん疲れてしまっていてたくさんの人たちが寝ていました
お疲れ様です。



今回の合宿では、川で泳いだりラフティングをしたり植物をみたりなど、自然と触れ合う機会が多い合宿だったと思います。
また、それ以外にもたくさん楽しいことを経験しました。


ブログの記事を作っているかーりーの文章力で楽しさが伝わるか自信ないですが、すこしでもそれが伝わればいいなと思っています。
by かぼ吉くん  at 19:38 |  イベント報告 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

船橋海老川親水まつり

6月6日に行われた船橋海老川親水まつりに参加してきました。
今回は以前の海老川で行った海老川水質調査の結果の発表とお祭りの出店のお手伝い

P1020880.jpg
P1020874.jpg
お祭りということだけあって人がたくさんいてとってもにぎやか

P1020879.jpg
ここはお祭りのメインステージ。演技、太鼓、音楽隊、カラオケ大会などいろいろ



そのころTECのメンバーは・・・
P1020873.jpg
出店のお手伝い

P1020864.jpg
三番瀬でとれた海苔を売ったり

P1020858.jpg
三番瀬でとれたホンビノス貝を調理したり

P1020877.jpg
三番瀬に生息する生物の展示をしたり

とっても忙しかったのです

P1020883.jpg
つかの間のお昼休み。参加メンバーの集合写真とっちゃいました


そして3時になるとにぎやかだったお祭りも終わり大変な1日が終わりました。
~終~







・・・








変だなって思った人挙手
そうですそうです。海老川の水質調査いずこへ???

それには訳がありまして。。。
一応展示をしていたんですが出店のほうが忙しくてほとんど発表できない状態に
P1020885.jpg
P1020886.jpg


でもでも、水質調査の時に私たちのお手伝いをしてくださった方々の一人である相澤さんが「しっかりマスコミには東邦大の学生さん達が海老川の水質調査をしたことを書いてもらうよ」とおっしゃってくれまして・・・

・・・えっ

とっても驚いちゃいました。
ただの東邦大のサークルの活動なのにこのようなことをしていただいてとてもうれしいです。ありがとうございました。


いろいろなことを経験したおもしろくて、大変で、驚いて。そんな1日でした。
by かぼ吉くん  at 15:05 |  イベント報告 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

海老川水質調査

今回は5月23日に行った海老川の水質調査の報告です。
この水質調査は吉野さんの企画で行われました。2008年に一度吉野さんが水質調査を行ったのですが、今回はその2008年に行った地点と同じ11カ所にて水質調査をして、前回との変化などを調べました。


今回の水質調査では次の手順で水質を調べました。
①水の採取
P1020775_convert_20100630171428.jpg
バケツに5メートルほどのロープを付けたもので水をすくい取ります。このすくい取った水を②~④の方法で調査します。またこれとは別に500mLの採水用ペットボトルに水を入れます。これは後で出てくるパッチテスト用の水。


②水温の測定
P1020745_convert_20100630175004.jpg
温度計を使い水温を計ります。


③透明度の確認
P1020768_convert_20100630172840.jpg
P1020746_convert_20100630180528.jpgP1020750_convert_20100630180912.jpg
側面に二重十字の入ったメスシリンダーにメモリがついたものを使い透明度を確認する。水をメスシリンダーの中に入れ、二重十字が見えるようになるまで中に入った水を捨て、見えたところのメモリが透明度値となります。


④においの確認
P1020872_convert_20100630190302.jpg
直接においを確認します。


①から④までは水を採取した場所で行いました。


そのあとは場所を移って室内でパッチテストをしました。
パッチテストは
・水素イオン濃度(ph)の測定
・アンモニアの測定
・亜硝酸態窒素の測定
・硝酸態窒素の測定
・リン酸性リンの測定
・科学的酸素消費量(COD)の測定
をしました。
パッチテストをやっている時の写真です。
P1020823.jpg
P1020819.jpg
なつかしのパッチテストでした。意外と水をプラスチック容器にいれるのが難しいんですよね。焦って変に力を入れて撃沈してしまいました。


今回の水質調査なんですか記事に載りました。ここにその記事を載せておきます。
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/local_kiji.php?i=nesp1275446523



最後に
今回の水質調査では、車を運転していただいたり、休日の学校を使用させていただいたり、部屋を貸していただいたりと多くの方々ににお手伝いをしていただきました。皆さん本当にありがとうございました。
by かぼ吉くん  at 15:00 |  イベント報告 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

かぼ吉くん

Author:かぼ吉くん
Toho Ecology Circle (TEC) です☆

~TECの今までの主な活動~
・大学祭でのエコ製品の販売
・江戸川・利根川のゴミ拾い
・光庭
などです。これからイベントが増えていくと思うのでよろしくお願いします♪

トップの写真は現在光庭で育てている“もみ吉”くんです☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。